ビジネス金融

金融ビッグバン

ビジネス金融において金融ビッグバンとはなんなのか?

1980年代に、イギリスでサッチャー政権により、
ビッグバンと呼ばれる大規模な金融規制緩和が行われた。
これにより、ロンドン・シティに外資系金融機関が進出。
イギリスの金融機関は厳しい競争にさらされるようになりました。

買収・合併によりイギリスの金融機関はきわめて減少し、外国勢による取引所となった。

日本では、1996年に橋本首相の指示により、日本の金融市場を
2001年までにニューヨーク、ロンドンとならぶ国際金融市場として
再生させるための金融システム改革が行われた。
これを、日本版金融ビッグバンと呼び、フリー、フェア、グローバルの3原則が採用された。

この改革により、日本の金融市場は急速にオープンで競争的になり、
いまや証券仲介手数料などは世界で最も低コストのクラスになっている。

ビジネス金融を学んでいる方はおさえておきたいビジネス用語です。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。