ビジネス金融

ビジネスとは

ビジネスとは経済行為を表す用語であり、
広くも狭くも様々な意味を持っていて、1つの日本語に置き換えて表現する事はできません。

一件あたりの商談、金融、商取引、売買、など(商売)を表すビジネス

仕事や職業、業務などを表すビジネス

商業活動や経済活動全般を表すビジネス
という感じです。

広義のビジネスについては次のように表現できます。
ビジネスとは営利や非営利を問わず、又、組織形態を問わず、
その事業目的を実現するための活動の総体をいう。

したがって、ビジネスの主体者としては株式会社などのような営利企業だけなく、
NPOなどの非営利活動法人や住民サービス提供などを行う行政組織等を含み、
個人又は法人組織などの事業体がそれぞれの事業目的実現のために、
人・物・金融・情報などの諸資源を活用して行う活動全体のことです。

ビジネス金融

金融ビッグバン

ビジネス金融において金融ビッグバンとはなんなのか?

1980年代に、イギリスでサッチャー政権により、
ビッグバンと呼ばれる大規模な金融規制緩和が行われた。
これにより、ロンドン・シティに外資系金融機関が進出。
イギリスの金融機関は厳しい競争にさらされるようになりました。

買収・合併によりイギリスの金融機関はきわめて減少し、外国勢による取引所となった。

日本では、1996年に橋本首相の指示により、日本の金融市場を
2001年までにニューヨーク、ロンドンとならぶ国際金融市場として
再生させるための金融システム改革が行われた。
これを、日本版金融ビッグバンと呼び、フリー、フェア、グローバルの3原則が採用された。

この改革により、日本の金融市場は急速にオープンで競争的になり、
いまや証券仲介手数料などは世界で最も低コストのクラスになっている。

ビジネス金融を学んでいる方はおさえておきたいビジネス用語です。

ビジネス金融

BBC World 英語リスニング ビジネス・金融

「BBC World 英語リスニング ビジネス・金融」という本があるんですが、
これにはユーロや株、企業の動向など、刻々と変化する情報を伝えるレポート20編が載っています。
いわゆる海外向けの本ですね。

内容は、2001年から2002年の経済関係のニュースが中心で、やや古い印象をうけますが、ロールスロイス、英国航空、マークス&スペンサーなどイギリスらしい話題が豊富で、ビジネス金融関係の語彙も多数出てきますから、イギリス英語とビジネス金融関係の語彙の両方を学ぶことができます。

米語が標準として教えられている日本にあって、イギリス英語は聞き取りにくいという方が大半でしょう。
イギリス英語とビジネス金融を同時にインプットできる本です。

ビジネス金融

金融ビジネス

「金融ビジネス」という本があります。
東洋経済新報社というサイトにあるんですが
季節ごとに発刊されていて、1冊1500円で購読できます。
なので1年で6000円ですね。

1年、2年とまとめて購読契約をするとある程度割安になります。
この値段でビジネス金融の最新情報を定期的に仕入れられるなら安いものです。
ビジネスマンなら自己投資はなるべく惜しまないほうが得策です。

また、「金融ビジネス」編集長の特別コラムも見逃せません。
ビジネス金融に興味がある方は読んでも損のない買い物ですね。

ビジネス金融

ビジネス金融消費センター

みずほ銀行のビジネス金融センター株式会社というのがあります。

みずほビジネス金融センター株式会社は、2003/10月に、中小企業を対象にした融資を専門に行う、みずほ銀行100%出資の子会社として設立されました。

ここはみずほ銀行の代理店として業務委託を受け、中小企業向け融資を行っています。

保証協会の保証付融資(マル保)、みずほ銀行の定型融資を中心とした融資相談・受付・契約手続等の対顧客業務、および融資案件採り上げ書類の作成等の内部業務が主な業務内容だそうです。

みずほ銀行にはビジネス金融センターといった機関があるんですね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。